究極のシャツ ”LES LESTON ”

ウィメンズファッション

大阪中之島に店舗をかまえるビスポークシャツブランド。

一度袖を通してみてください。

着心地の良さが肌感覚でわかる至極のシャツは、世界最高品質といっても過言ではありません。

そんな”Les Leston”の魅力をお伝えできればと思います。

LES LESTON公式サイト

LES LESTONとは?

1986年、シャツメーカー”LES LESTON(レスレストン)”創業。

パターンも手書き、裁断も職人の手でおこなっているシャツメーカーです。

なぜシャツだったのかと言うと、それは「シャツが脇役だったから」。

靴とスーツさえいいものを着ていればOK、シャツなんて消耗品だからどうでもいいという人が多い時代でした。

「果たしてそんなことでいいのか」という反骨精神からシャツを選びました。

創業者 久木 元亨氏

ブランド名の由来は、

1950年代、イギリスでスポーツカーの部品や、グローブを作っていたメーカーの名前を参考にして決められたそうです。

由来からにじみ出る見分の多さ、オシャレですよね。。。(笑)

メーカーの由来となったイギリスのレーシングドライバーの”LES LESTON”

https://www.telegraph.co.uk/news/obituaries/sport-obituaries/9382501/Les-Leston.html

由来となったグローブメーカーが手掛けたスペーススーツのグローブ

https://catacombs.space1999.net/main/models/costume/w2mpgloves.html

一体どこからこういったブランドやメーカーの見聞を得ていらっしゃるんでしょうか??

オシャレな方の探求心には脱帽です。。。

現在は、2代目の久木元陸央氏が代表として製作を行っています。



実際に買ってみて

京都にあるGW. Defiant houseさんにお邪魔しました。

京都らしい”和”が感じられる店の佇まい、落ち着いた大人の空間に緊張してしまいました(笑)

1階はヴィンテージの古着があり、2階にはフレンチヴィンテージのメガネフレームやドレスパンツと

古着やヴィンテージ好きにはたまらないラインナップ。。。

商品をみていると、異常なほど際立って見えるシャツが掛けられていました。

それがLES LESTONとの出会いです。一目惚れですぐに購入を決めてしまいました(笑)

非常に色合いがいいシャンブレーシャツを購入しました。

前日にファミリーマートで購入したソックスと同じ色になったのは、たまたまです(笑)

私の着用しているシャツは、既製品ではあるものの

GW. Defiant house限定のサンプル品だと店員さんから聞きました。

本当にこれ以上のシャツはないんじゃないのか、というほどの逸品です。

〒604-8053 京都市中京区 四条上ル桝屋町522 GW. Defiant House



まとめ

LES LESTONさんの個人的解説でした!

完全に知識や見聞の幅を凌駕していて、上手く良さを伝えられないというか

素人目にみても素晴らしい逸品なので

ぜひ、大阪にオーダーしてみてください!

大阪府大阪市北区中之島中之島ダイビル(1階)

コメント

タイトルとURLをコピーしました